【会計士試験】史上最低合格率6.5%を突破した勉強法#1|合格マインド

CPAにオレはなる!

管理人(この記事を書いた人)の紹介

2011年公認会計士論文式試験合格。会計士試験の歴史上最も低い合格率の6.5%を突破。3年以上かかってやっと合格したノウハウを受験生の皆様に届けたいという思いから、勉強方法を発信しています。これを読むだけでなく、個別に問い合わせていただいてももちろんOKです→問い合わせはこちらから

僕がとにかく受験生に伝えたいことを書きます。

(ちなみに、僕はこういう者です)

スポンサーリンク

会計士試験は簡単

簡単です。以上。

これを読んで、「そうだよね!簡単だよね!」って思った人はこれ以上読む必要ないです。そう思わなかった人に、ここから先を読んで欲しいです。

これは、「難しいと思うよりも簡単だと思う方が合格する」ということです。試験勉強に限らず、物事を難しいと捉える方が損です。難しいと捉えるから、行動力が失われる難しいと捉えるから、勉強しなくなる。そして今年も落ちる。そして諦める。そう思いませんか?

まずは、「会計士試験なんてちょー簡単♪」と口に出してください。そして自分をコントロールしてください。そして行動してください。

スポンサーリンク

受かろうとするな!

受かろうとして勉強してませんか??特に3年以上勉強しているあなた、受かりたい気持ちが強すぎませんか?この論点は短答用、とか昨年はアレが出たから今年はコレが出る!とか、予備校の直前対策を何回もやるとか。それではいつまで経っても受かりません。

こういう勉強をしているあなたは、きっと受かろうとしています。受かるための勉強をしています。それも合格手段の1つでしょう。でもそれで3年以上受からないなら、変えた方がいいです。

スポンサーリンク

落ちない勉強をしろ!

受かるための勉強をして受からないなら、落ちないための勉強をすればいい。いいですか、落ちなければそれでいいんです。そうです。この試験は、ひたすら守る試験です。防御力に全振りする試験です。間違っても攻めてはいけません。

このように考え方を変えると、勉強方法も変わります。

「受かるための勉強」と「落ちないための勉強」は異なります。

明日本番です。何が出たら落ちますか?

この質問を自分に繰り返し問いかけ、何が出ても落ちない!と思えるまで試験範囲の全部を潰します。

そうすれば、落ちません。だって、試験範囲の全部を潰してますから。これは短答、これは論文とか、どうでもいい!余計なことは考えずに試験範囲の全てを一心不乱に覚えてください。

いいですか。試験は簡単です。試験範囲は明確です。それなら、いますぐ勉強してください。

試験範囲はココから

スポンサーリンク

お問い合わせはお気軽に

ノリで構わないので、不明点は聞いてください。息抜きになれば幸いです。

あまりにディスられると困りますが。

お問い合わせはここからどうぞ

 

 

 

 

コメント