潰瘍性大腸炎|食事とストレスと薬の関係#9

with大腸炎

こんにちは、ヒロキです。

本日、10月14日日曜日の状態を投稿します。

何をしたか

08:30 起床、朝食。豆腐、チーズトースト、コーヒー。
09:00 ブログ執筆。
12:00 昼食。マグロアボカド丼、サラダ。
13:00 ブログ執筆。
15:30 外出。自転車で東京タワーへ。
17:30 帰宅。引き続きブログ執筆→今ココ
19:00 夕食。鯖ご飯、鶏肉と野菜の塩ベース鍋、納豆、キムチ、グレープフルーツ。
23:30 就寝予定。

 

身体の状態は

今日は出血が止まりましたー!!
安心しました。念のため坐剤投入して寝ます。

 

食事について

今まで5人の医者にかかってますが、その全員が「油ものが良くない」と言ってます。
焼き物、炒め物、揚げ物がダメなものの代表です。僕が好きなものの代表でもあります。
他には消化に良くないものは腸に負担をかけるようで、良くないと聞いています。
キノコなどの菌類、ゴボウ、セロリ、とうもろこしなどでしょうか。

参考までに画像をアップします。
大腸炎食事1
大腸炎食事2

直近でかかった医者は、「病気のことだけを考えるなら食べないほうがいいが、寛解期などは好きなものを食べてみるとか、症状をみながら好きなものを食べたほうがトータルで生活の質が上がるのでは?」と言っていました。

病院で診断を受ける前は焼肉を頻繁に食べており、食後すぐにトイレに駆け込んでましたから。だいぶお腹を痛めつけていましたね。近年の寛解期には高級な焼肉を食べても平気でした。

本日の服薬

・ペンタサ顆粒2000mg×2回
・ペンタサ坐剤

 

本日は以上です。
ご覧いただきましてありがとうございました。

コメント