潰瘍性大腸炎|食事とストレスと薬の関係#10

with大腸炎

こんにちは、ヒロキです。

本日、10月15日月曜日の状態を投稿します。

何をしたか

07:00 起床、朝食。豆腐、マーガリントースト、コーヒー。
08:00 ブログ執筆。
09:00 出社。
12:45 昼食。米、アジフライ、千切りキャベツ、ひじき、白菜の漬物。
21:30 仕事終了。
22:00 帰宅、夕食。米、きゅうりと鶏肉のサラダ、鳥のレバー、コーヒー。
23:30 ブログ更新⇒今ココ

 

身体の状態は

うーん、悪化している。
腹痛がないのでまだいいですが、セーフかアウトかで言うとアウトな状態です。

 

医者の助言

潰瘍性大腸炎はストレスもひどくなる原因の1つと言われています。
ストレスと聞くと、心理的な圧迫感やショックを受ける場面を想像します。

直近住んでいた静岡のある医者が言うには、心理的なストレスではなくて肉体的なストレスとのことです。
身体が疲れを感じると良くないようで、そういう時はゆっくり休まないとよくならないようです。

確かに、静岡にいた時は仕事の心理的ストレスをかなり感じていました。
大した規模の会社ではなかったですが、本社の経営企画という部署から全グループ会社の幹部に対して「これをいつまでにお願いします」という連絡をする立場でした。どんな人がいるかわからず、何を言われるかわからない恐怖は相当なものでした。今考えるだけでストレスを感じます!
これに加えて、仕事内容の「これじゃない感」がとてつもなかったです。自分のノウハウを全く発揮できないストレスです。
しかし、大腸の状態はよかったんですよね。仕事終わりは遅くて20:00、平均すると19:00ぐらいでした。

今は職場が変わって人間関係に慣れていない、というストレスはありますが、プロジェクト毎に決まったメンバーと集まって仕事ができるので、どんな人から何を言われるかわからないという恐怖感はないです。ただ、「プロフェッショナルとしてあーだこーだ」と言われて腹立ちますけどね。

心理的ストレスは軽減された一方で肉体的ストレスは増加しました。
睡眠時間が短くなりましたからねー。
そして悪化していく・・・。

早くこの雇われ生活から脱出して、自力で稼ぐようになって身体を休ませながら生活したいです。

 

本日の服薬

・ペンタサ顆粒2000mg×2回
・ペンタサ坐剤

 

本日は以上です。
ご覧いただきましてありがとうございました。

コメント