潰瘍性大腸炎との付き合い方|食事とストレスと薬の関係#19

with大腸炎

こんにちは、ヒロキです。

潰瘍性大腸炎の投稿内容をリニューアルします。

以前は1日の行動スケジュール、食事内容、身体の状態を投稿していましたが、1日1つの記事を書いていく方式だと前日や前週との比較ができず意味のある情報になっていませんでした。自分の身体を管理する上でも投稿を1つ1つ見直さなければならず、めんどくさかったです。

これからは、病状と病状に影響を与えるであろう項目を数値化し、病状との相関を明らかにしていきます。

スポンサーリンク

病状に影響を与えるであろう項目

■食事
■薬
■ストレス(時間)
■睡眠(時間)

毎日の生活の中で観察可能かつ病状に影響を与えそうなこの4つの項目を数字で表します。

食事

食事は次の3つに分類します。

①食べられる食品
②控える食品
③避ける食品

医者からもらった「潰瘍性大腸炎の方の食事について」という表に基づいて食品を分類します。
①に分類された食品を0点、②を−3点、③を−5点とし、身体に悪いものを食べるほど減点方式で点数が悪くなります。つまり、最大で0点です。

ただし、この表の通りに集計するだけだと食べる量を点数に反映できません。この問題を解決するため、実際に点数を計算するときは、副菜として食べるときは上の点数に0.5を乗じて点数を少なくします。

医者から処方された薬は2種類あります。

・ペンタサ顆粒
・ペンタサ坐剤

ペンタサ顆粒は毎日のむために処方されていて、ペンタサ坐剤はひどくなってきたら使用する前提で処方されています。
ペンタサ顆粒を飲めば1点、ペンタサ坐剤の使用を3点とします。

ストレス・睡眠

ストレスは、1日の中でストレスを感じた時間を点数とします。例えばお客様への報告会に出席して緊張した、とか、上司へ進捗報告があってへこんだ、などです。
また、ストレス時間は、病状に悪影響を与えるという意味でマイナスで表現します。

睡眠は前日の就寝時刻と当日の起床時刻の差であり、睡眠時間を表します。
睡眠時間が長い方が身体の疲れが取れるので、病状に好影響を与えるという意味でプラスで表します。

スポンサーリンク

病状をどう数字で表現するか

病状に影響を与えるであろう項目は上のように数字で表現します。
肝心な病状自体はどのように表現すれば良いのでしょうか?

次の5つの観点で評価することにしました。

①腹痛の有無
②出血の有無
③熱の有無
④便の回数
⑤便の形

基本的には難病情報センターのHPに記載のある情報を参考にし、これに医者の診察を受けるときに聞かれる項目を足しました。いずれも毎日観察可能で継続できると思います。

①〜⑤のそれぞれについて、

症状が出ないときは0点、症状が重くなるにつれて−3点−5点と減点していきます。一番いい点数が0点ということになります。

 

スポンサーリンク

10月20日〜26日の経過観察

グラフを見ると、今週は20日と24日の調子はよかったですが、22日と26日の調子が悪かったことがわかります。調子が悪い日は服薬の点数が高くなっていますのでいつもより多く薬を服用しています。具体的には坐剤の使用です。そして服薬の効果が翌日、翌々日に表れて回復していきます。

このように、病状が回復する原因は服薬となるはずです。まだ7日分しかデータがないので断言はできませんが、おそらくこの傾向はこの先も続くと思っています。

肝心なことは、悪くなる原因は何か?です。

悪くなる原因は?

22日の悪化原因は20日と21日の食材、としか言えませんね。他の条件がほぼ同じです。
26日の悪化原因は24日の食材と25日、26日の睡眠時間でしょうか?
26日のストレス時間も関係ありそうです。

24日は朝にデニッシュ系の惣菜パン、ランチに牛肉ビビンパを食べています。
26日に仕事でクライアント報告を控えていましたので、24日(グラフ上は25日)と25日(同26日)の夜は睡眠時間が短くなりました。
また、この報告会のおかげで26日はストレス時間が長く、下痢がひどかったです。

今のところ、僕の仮説は睡眠時間です。
なぜなら、寛解状態を維持していた静岡時代と悪化している今の生活を比較して最も異なる点が、睡眠時間だからです。

今の所はまだデータが少ないですが、今後も記録をとっていきますのでグラフの推移が楽しみです。

スポンサーリンク

最後に

今後は週次での投稿とし、毎月末に1ヶ月の総括記事を書こうかと思います。
大腸炎自体の事実関係については、やはり医療機関や厚生労働省の情報が安心できると思います。僕は自分の身体を使っていろんなデータを集め、自分にしか収集できない情報を発信していこうと思います。

今回は以上となります。
ご覧いただきましてありがとうございました。

牛乳、ヨーグルト、チースがNG食品の方の乳酸菌摂取は?乳酸菌は腸内環境を整えます。


コメント

  1. ほぺーる より:

    はじめまして。
    コメント失礼致します。

    少し前に潰瘍性大腸炎と診断された
    国内独立系ファームに勤務している者です。
    症状が落ち着かない上に自社やクライアントにも、
    言い出せず悩んでいたところ、こちらに辿り着きました。

    近い状況でも頑張っている方がいることを励みに
    私も頑張ろうと思います。

    • ヒロキ より:

      ほぺーる様

      初めまして。コメントありがとうございます。

      病気の初期の頃は症状にショックを受けると思います。真っ赤になる便器を見てめちゃくちゃ凹みました!
      腹痛で眠れないし、でも仕事の納期は容赦無くやってくる・・・メンタルもやられます!
      まずは病状を安定させたほうがいいと思います。これがメンタルの安定に繋がります。ペンタサやリアルダは効きますか?坐剤はどうですか?
      ボクはその時の上司が病気に理解のある方で、多少なりとも配慮はしてくれました。

      1人でも読んでいただける方がいらっしゃるなら、病状のデータを公開していきます。